リトルカブキャブレターのオーバーホール

私のリトルカブ、寒い時期には、エンジン始動後、アクセルを開くとエンストすることがありました。

また、ガソリンの染み出しがあるのか、キャブレターの繋ぎ目の変色がありました。

そのため、いつかキャブレターの分解清掃やガスケット・Oリング、フィルターの交換をしようかなと思っていました。

キャブレターのつなぎ目に変色あり

今回、お盆休みで時間があったので、オーバーホールしてみました。そのときの状況を記事にしたいと思います。

キャブレターの取り外し

私のリトルカブは、排ガス規制対応後の型式で、キャブヒーター(下の写真の中央あたりの電極みたいな部分)やブローバイガスホースがあるので、キャブヒーターのコネクターを外したり、エアクリーナーから出ているブローバイガスホースとオイルセパレーターを外す必要があります。

(参考)ブローバイガスホースのオイルセパレーター修理の記事

リトルカブのブローバイガスセパレータの交換
以前、ブローバイガス還元装置のセパレータのホース差込部が折れていたことを記事に書きました。注文していたセパレータが届いたので、交換しました。セパレータはこれです。ビニールテープで留め...

下の写真は、エアクリーナーとキャブレターのつなぎ部分のバンドを緩めて、エアクリーナーを抜いて、チョークのワイヤーを取り外したところです。

キャブヒーターコネクターやチョークワイヤーを取り外して、エアクリーナーをキャブレターから引き抜いたところ

キャブレター内部に溜まったガソリンを抜くために、ドレンボルト(写真中段あたり左寄りのマイナスネジ)を緩めて、エンジン下部に伸びたドレンホースから容器で受けておいて抜きとります。(写真撮っていませんでした・・・)

以前見たYouTubeの解説動画では、燃料コックを外す前に燃料ホースをクランプで挟んで燃料が出てこないようにした、などの説明もあったので、燃料コックをOFFにしただけでちゃんと止まっているのか不安でしたが、少しずつ緩めてみて出てこないか確認したところ、燃料コックで止まっているのが確認できたので、クランプなしで外すことができました。

燃料コックをOFFにして燃料コックを取り外す。ちゃんと止まっているのか不安・・・。少し染み出しはありましたが、止まっているようでした。
燃料ホース(ONとRES)をクランプすることなく、燃料コックを外すことができました。
エアクリーナーは以前開けてみてフィルターはきれいだったので今回は分解しませんでした。手前に伸びているのがブローバイガスホース。

キャブレター上部から右に伸びているホースはキャブレターの内部を大気圧に開放するためにあるホースとのことで、車体右側からエンジン近くの車体の中に差し込んでありました。

改めて見ると、キャブレターの上下つなぎ目の変色はひどく、ガソリンが染み出してるようです。
差し込んであるだけでした。キャブレター上部を大気開放しているホースらしいです。

アクセルのワイヤーを取り外します。

マニホールドのボルトを外せば、キャブレターが外れます。

インテークマニホールドのボルト取り外し

キャブレターの取り外しができました。

キャブレターのオーバーホール(分解清掃・整備)

キャブレターのオーバーホールには、新しいガスケット類が必要です。私は次のものを購入しました。

ホンダ 純正 バイク 部品 スーパーカブ キャブレターガスケット 16010-141-305 ダックス モンキーR

KURE(呉工業) クリーナーキャブ (420ml) キャブレタークリーナー [ 品番 ] 1014 [HTRC2.1]

ガスケット・Oリングなどのゴム部品を外して、メインジェット、スロージェットなど金属部品をキャブレタークリーナーで掃除します。

コメント