コーヒー焙煎、もう少し深く煎ってみる

先週初めて家でコーヒーの焙煎をしましたが、ちょっと煎りが浅く、酸味が強すぎました。

コーヒー焙煎を自宅で楽しむ方法 (手網焙煎)
コーヒーが好きで豆の種類も調べて買っているけど何か飽きてきたなあ〜もっとコーヒーを楽しむ方法はないかな〜そんな方には自宅で簡単にできる手網焙煎がおすすめです。私もコーヒー豆を自宅で挽いて、味や香りを...

前回は、思い返してみると、1ハゼははっきりわかったのですが、焦げてしまうのではないかとの心配が強く、2ハゼらしき音が聞こえてすぐ煎り止めとしました。

シティローストあたりを狙ったつもりでしたが、ハイローストくらいだったのか。

THE BEANSさんで買っていたイルガチェフェはハイローストかシティローストなので、そのくらいを狙ったつもりでした。

エチオピア イルガチェフェ 200g 送料無料 まろやかなコク、軽やかなモカの香り おっ!?価格:1,410円
(2021/6/12 14:38時点)
感想(2件)

(参考)焙煎度 〜浅い方から順に〜

1.ライトロースト(この状態で流通されることはほとんどない)

2.シナモンロースト

3.ミディアムロースト

4.ハイロースト

5.シティロースト

6.フルシティロースト

7.フレンチロースト

8.イタリアンロースト

THE BEANSさんでは、ライトローストを除いて、シナモンローストを①として、順にイタリアンローストを⑦まで焙煎度があって、イルガチェフェは③ハイローストを飲むことが多かったです。

手網焙煎の場合、焙煎機で多くのコーヒー豆を焙煎するときのように余熱がなく、ドライヤーですぐ冷めるので、あまり慌てて煎りどめしなくてもいいのかもしれません。

私が今回は、2ハゼの音をもう少し聞いてから、煎りどめとしました。

上;今回、下;前回
前回よりコーヒーらしい香りがします
味も酸味が少し抑えられて、いい感じになりました

前回より、美味しくなったと思います。

改めて写真で見てみると、黒さや艶からして、もっと深煎りでもいいのかもしれません。

またやってみます。

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村

コメント