コーヒー焙煎を自宅で楽しむ

コーヒー豆を自宅で挽いて、味や香りを楽しんでいると、焙煎もやってみたくなりました。

銀杏(ギンナン)煎り用に販売されている手網にコーヒーの生豆(なままめ)を入れて、コンロで煎るだけでコーヒー焙煎ができると聞き早速やってみました。

銘柄は好きでよく飲んでいた、エチオピア・イルガチェフェにしました。

浅煎り向き・酸味系コーヒーのイルガチェフェ
華やかでフルーティーな香りがあり果実のような味わいと言われているコーヒー、イルガチェフェを飲んでみました。コーヒー発祥の地エチオピア産で、アラビカ種の固有の在来種。楽天でマンデリンと一緒に注文して届きました。イルガ...

必要なもの

1.銀杏煎り用手網

よく紹介されているのは遠藤商事のものですが、私は少し安くて重ね合わせて閉じるタイプのマルカを選びました。

遠藤商事 業務用 丸型ギンナン煎り 本体:ステンレス鋼(18-8)/柄:天然木 日本 BGV08

マルカ 日本製 銀杏煎 豆煎器 001057

2.コーヒー生豆

生豆もいろいろ売られてますが、焙煎された豆で好きだったイルガチェフェを選びました。ちょっと高いですが。

ブラジルサントスNo.2でコスパが良いものもありますね。

コーヒー生豆 モカ イルガチェフェG1 ウオッシュド(生豆1kg)(ネコポス便 )

松屋珈琲 コーヒー生豆 ブラジル サントス No.2 17/18 (1kg袋)

3.カセットコンロ(台所で焙煎するとチャフ(コーヒー豆の皮)で汚れるのでお庭でカセットコンロを使った方がいいです)

4.ざる

5.ドライヤー

6.軍手(やけど防止)

コーヒー生豆と銀杏煎・豆煎器

手順

1.生豆を計量して(100〜150g)、平らな皿に入れる。

2.欠点豆(虫食い豆や変形した豆)を取り除く。

生豆(モカ・イルガチェフェ)
取り除いた欠点豆(ピーベリーも結構混ざっていたので綺麗なものは戻した)

3.生豆を手網に入れて、中火で煎る。煎りムラができないように平行に保ち動かし続ける。

5分経過

4.豆の色にバラツキがないように煎り続ける。煎り始めから10分前後で1ハゼが始まる。パチパチという音がなりチャフが出る。

5.1ハゼが終わってから2分程度で2ハゼ(ピチピチ音が鳴る)が始まる。好みに応じて煎り止めとする。(2ハゼの始めでシティローストあたり)

1ハゼ(パチパチと音が出始める)

6.ざるに移し、余熱で焙煎が進まないようにドライヤーで冷ます。ざるで1日程度寝かせて完成。

まとめ

自宅でコーヒー焙煎ができました。

1日寝かせたコーヒー豆を、手挽きのコーヒーミルで挽いて飲んでみました。

うーん、苦味が少なく、酸味がちょっと強いかな。煎り止めが少し早かったみたいです。

好みの味、香りにするには、何度もやってみないとダメですね。

初焙煎のコーヒー豆
一応、コーヒーになりました!

コメント